包茎手術で傷跡が残ることも?

包茎手術を受けたことを知られたくないという人も多いはずです。
そこで気掛かりとなるのが傷跡の存在ですが、場合によっては残る可能性もあります。

原因のひとつが、経験の浅いドクターによる包茎手術を受けた場合です。
例えば内板を残しすぎたためにツートンカラーのように見えてしまい、不自然な仕上がりになることがあります。
どのような見た目に仕上げられるのかは、ドクターの技術力によって差が付きますので、実績を重ねたスキルのある病院で包茎手術を受けることが大切です。

ケロイド体質が起因する傷跡の可能性も考えられます。
これは患者の体質による症状で、もともと傷が残りやすいために患部がケロイド化してしまうことがあるのです。
ミミズばれのようになったり、でこぼことした見た目になったりするため、それがコンプレックスになってしまうこともあります。
もし体質を把握しているようなら、事前にドクターとよく相談をしておくことが大切です。

包茎手術後の傷跡に悩まされないためには

基本的には信頼のできる病院を選択するのが鉄則と言えるでしょう。
技術力次第で仕上がりに差がつくため、安心安全の手術実績を持つ病院を選び出さなければいけません。
ホームページでの情報集めや、患者からの口コミのチェックで信用に足る病院なのかを見極めるのが肝要です。

包茎手術後のケアをしっかりと行うことも欠かせません。
いくらドクターが適切に包茎手術を行ったとしても、患者自身のセルフケアがおざなりになってしまうと、傷跡が残りやすくなる場合があるのです。

例えば処方された抗生物質をしっかりと飲まなかったり、包帯の巻き方が適切でなかったりすると、縫合跡の目立ちや、いわゆるペリカン変形と呼ばれるいびつな状態を引き起こしてしまうこともあるのです。
包茎手術後はできるだけ早く元の状態に戻したいものですが、そのためには適切なケアが必須です。
病院から受けた指導をきちんと守ることで傷跡の発生リスクも減らすことができるでしょう。

まとめ

包茎手術後の傷跡が気になり、それが別の悩みとして抱えて込んでしまうケースがあります。
そのようなトラブルを防ぐには、何よりも適切な病院選びが大切ですので、料金の安さだけで決めたり、ろくに比較もせずに飛び込んだりしないように注意しましょう。
もちろん正しいセルフケアを心掛けることも欠かせません。
病院指導のケアを徹底すると共に、不明な点がある場合は自己判断せず病院側へとその都度、確認を行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。