包茎手術は公的保険と自由診療のふたつがあります。

包茎手術のほとんどは自由診療ですので、その費用はクリニックによって異なります。
保険がきくのはひどい真性包茎とカントン包茎だけです。
それ以外の包茎手術が自由診療です。
真性とカントンの包茎手術も、ベーシックなもの以外は保険がきなかくなるので、精密な手術や傷跡が目立たない治療を希望するならば自由診療となります。
保険適用の手術費用は1万円ほどです。

いきなり包茎手術をすることはなく、まずカウンセリングがあります。
その費用はほとんどのクリニックで無料となっています。
本当に包茎手術が必要かどうか検討してから、決めることが可能です。

カウンセリング以外にも手術後のアフターケアが無料で受けられるところが多いです。
痛みがひどいからドクターに相談してもらいたいときなどに利用できます。
また多くのクリニックは包茎手術費用のなかに薬代や麻酔代が含まれます。
近年は吸収される糸のみを使用しているところもありますが、オプションとして別料金を取っているところも珍しくありません。

包茎手術の費用は、その方法によって差が出ます。

背面を切開するタイプの包茎手術は、コストが抑えられます。
およそ5万円ほどから受けられますが、痕が残りやすくこの方法をやっていないクリニックも多いです。
包皮をドーナツ状に切り取り縫い合わせるタイプの包茎手術は10万円から20万円ほどのところが多いです。
特別に精密な手術をしているところは、これ以上かかることもあります。

手術跡が目立ちにくくなる、根元付近を切除する手術は20万円から30万円としていることが多いです。
包皮の色の差がないうえに、陰毛で隠れるから目立たないことがメリットです。

自由診療の同じタイプの手術でも、仮性包茎とカントン包茎、真性包茎で費用を分けているクリニックがあります。
その費用は安い順に仮性、カントン、真性となっており手術時の手間で決まっていると推察されます。

他のクリニックの手術を修正するときの費用は高額になる傾向があります。
初めての人よりも5万円ほど高くなるのが一般的です。
そしてカウンセリングが有料になるところも多いです。

まとめ

包茎手術の費用は保険適用と自由診療で大きく異なります。
仮性包茎の保険適用だと1万円ほどになります。
同じく仮性包茎でも自由診療になると10万円から30万円くらいが一般的です。
クリニックによってはカントン包茎と真性包茎は同じ手術法でも仮性包茎より高額になります。
また他院の手術を修正するケースも割高になります。
カウンセリングとアフターケアを無料としているところが多く、吸収される糸にオプション料金がかからないところも少なくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。